赤ちゃんのうつ伏せで足が浮く。足だけ飛行機ポーズみたいになる

0歳発達段階

保育士のうたです。赤ちゃんって、生後2ヶ月から生後8ヶ月くらいの時期に、寝返りとかでうつ伏せ姿勢になったりするんですけど、

うつ伏せになったとき、足が浮く赤ちゃんはとても多いんですね、私の赤ちゃんもそう笑

すごく浮いてる、膝も床についてない笑

ということで、今回はこの、赤ちゃんがうつ伏せになったときに足が浮いてる話を書きます🙌

赤ちゃんのうつ伏せで足が浮く。生後3ヶ月のねがえりが出来たばかりの時期

赤ちゃんがうつ伏せになったときに、足が浮くことはすごく多いです。

寝返りでうつ伏せになり始めた頃や、うつ伏せ練習をしたときなど、まだうつ伏せに慣れてないときに多いですね。

赤ちゃんがうつ伏せになったときに足が浮くこと、

どうして、うつ伏せになると足が浮くの?

と疑問に思う方もいるかもしれませんが、多くの赤ちゃんがこれをしますし、

赤ちゃんって身体のいろんなところをどんどん動かしていく生き物なので、そんな気にしなくて良いです🙌

⬇こんなふうに、すごい角度で反り返ったりね笑

なにより、人の祖先はお猿さん🐒、お猿さんはすごく身体が柔軟です。赤ちゃんはその名残りがしっかり残ってます。

私の赤ちゃんは、寝返りができるようになったばかりの生後3ヶ月の時期に、うつ伏せ姿勢で足が浮くことが多かったですね。

これも、がっつり両足が浮いてます😂

スポンサーリンク

手は床をついているから、足だけ浮いてる。足だけ飛行機ポーズみたいな。よくやってるし、辛くはなさそう。

この、うつ伏せで足が浮いてるポーズ、手は地面についているので足だけ飛行機ポーズみたいな感じなんですよね✈

かつ、うつ伏せで赤ちゃんの両足が浮いていても、

赤ちゃんは泣いてないし、「うーうー。😥」とか苦しそうな声も出てなくて、自然な感じで居るので、辛くなさそう。とても普通です。

生後4ヶ月下旬。うつ伏せポーズが上手くなって、うつ伏せでおもちゃ遊びしたりすると、足が浮くのも減ってきた。

このうつ伏せで足が浮くのが、いつごろ収まったかというと、私の赤ちゃんは生後4ヶ月下旬に収まりました。(そのあとも時々はしたけど)

私の赤ちゃんは生後3ヶ月中旬に寝返りができるようになって、生後4ヶ月下旬には1日の大半をうつ伏せ姿勢で過ごすようになっていたので、うつ伏せに慣れた頃に治ったかんじです🙌

こんなかんじで、生後4ヶ月下旬のうつ伏せは、頭がしっかり上がっていて安定感があるし、うつ伏せになりながらおもちゃでも遊べます。

うつ伏せ姿勢で上半身がブレにくく安定していて、手で軽いおもちゃに触る余裕もあるので、

かなりうつ伏せ姿勢に慣れた時期に、足が上がることが減ったかんじですね🙌

スポンサーリンク

赤ちゃんのうつ伏せで足が浮くこと。何もしなくても自然に治った

あかちゃんがうつ伏せ姿勢で足が浮くこと。

私の赤ちゃんは、生後3ヶ月から生後4ヶ月下旬まで続きました。

けど、治る過程をみていけば、赤ちゃんが自然にうつ伏せに慣れたころに治っているし、

足をあげない練習とか、私は全くしていないので、赤ちゃんが自分で、自然に治っていった。という、赤ちゃんのタイミングでした🙌

コメント