新生児でクーイングは早い?生後25日目にあーと言った赤ちゃんの、1歳現在の発語

0歳発達段階

保育士のうたです。今回は、新生児の赤ちゃんでクーイングするのは早いのか?その後の発語はどうなの?ということを書いていきます。

私の赤ちゃんのクーイングが始まったのも新生児のとき、生後25日目でした。

新生児の赤ちゃんがクーイングするのは早い?私の赤ちゃんは生後25日目から。

ネットでは、赤ちゃんのクーイングは生後2ヶ月ごろから始まる、と書かれていることが多いですが、

普通に、新生児の赤ちゃんがクーイングすることもよくありまして、別に早いわけじゃないです🙌よくあります。

我が家の赤ちゃんも、新生児期、生後25日目からクーイングが始まりました🙌

生まれたばかりのときから声が出る、新生児の声にはまだ意味は無いとはいえ、高音のクーイングはとても可愛いです😀

生後25日目からのクーイングは、あー、キュー、だったこと

我が家の赤ちゃんの生後25日目からのクーイングは、こんな感じでした🙌

あー!あー。

キュー。キュー。

「あー。」とか、

「キュー」という、イルカの鳴き声のようなクーイングで、とても可愛いです😀😀

ちなみに、誰も居ない方向に向かって喋ってます笑笑

まぁ、クーイングはコミュニケーションというよりも、発声遊びなので👌

スポンサーリンク

初めての発語は「いないいないばぁ」1歳3ヶ月で言ったこと

さて、ここからは、新生児にクーイングした息子のその後の発語事情を書いていきます🙌

我が家の子供は、生後9ヶ月のときから、

むすこ
むすこ

ママー。ママー。

と言うことが結構あったんですが、ママにもおもちゃにも、色んな物に「ママ」と言っていたので、この時期は発語というより喃語扱いでした。(その後、ママは生後1歳3ヶ月で、ママだけに言ってくれるようになった💮)

我が家の子供の初めての発語は、1歳3ヶ月上旬の、

むすこ
むすこ

いないいないばぁ!

です。🙌🙌

毛布のなかに隠れたり、壁に隠れたり、息子はいろんな所に隠れながら、「いないいないばぁ」と私に言ってくれます💮💮

スポンサーリンク

クーイングと発語は、意味のある言葉かどうか、の違いがあるので、遅い早いは関係なし

その後、私のこどもは1歳8ヶ月で10個の単語を話せるようになっていて、女の子はもっと話せる子も多いですが、男の子としては平均的なところにいます💮

クーイングは新生児ということで、新生児でクーイングする子もいるけど、やや早めだった中、

発語は普通にかなり平均的なスピードです。

クーイングは、その音には意味の無い、赤ちゃんにとっては言葉遊びのようなものですが、

発語は言葉に意味を持ってこどもが発しているので、クーイングと発語は似てても異なるものです。

だけど、クーイングも、赤ちゃんが自分で音を出せた、という発達の1つ。

クーイングの早さと発語の早さを関連付けることは別のものなので難しいですが、クーイングも発語も、赤ちゃんにとっては大切な成長段階です💮💮

コメント