絵本読み聞かせ記録【生後2ヶ月、生後3ヶ月編】1日0冊から2冊、おすすめ絵本はニコニコしたもの

生後2ヶ月

保育士のうたです。我が家の子どもへの絵本の読み聞かせ記録を書いています。今回は生後2ヶ月、生後3ヶ月編ですね。新生児期や生後1ヶ月は育児が大変なのでほんとに読んでなかったんですが、この時期になると読む時も普通に出てきました。

絵本読み聞かせ記録【生後2ヶ月、3ヶ月編】1日0冊から2冊でした。

保育士のうたです。我が家の赤ちゃんへの絵本の読み聞かせ記録、今回は生後2ヶ月3ヶ月編です。

我が家の、生後2、3ヶ月の読み聞かせ記録は、1日0冊から2冊でした。

育児が大変な日は読まないし、ちょっとフリーな時間がある時は読むし。という感じですね🙌🙌

この時期に、ハンドリガードという手の発見があったので、

(こんなかんじで、手をじーっと見てます。)

赤ちゃんの成長が感じられて嬉しくて嬉しくて、それで読み聞かせ回数も増えてきたわけです。😂💮💮

絵本の種類は、私が好きな絵本から、赤ちゃん向けのものまで。

絵本の内容ですが、

妊娠前から持っている私の好きなぐりとぐらや、

ぐりとぐらは日本語が綺麗で好きです。長さも少し長いくらいで、ちょうど良いくらい。

赤ちゃん向けのSASSYシリーズも読んでいます。

(この写真は生後半年のときのものです😂)

個人的に、絵本は読む方も聞く方も楽しくなれる本が好きなので、

絵本選びは、昔からある王道のシリーズや、赤ちゃん向けの絵本を選ぶことが多いですね💮

スポンサーリンク

生後2ヶ月3ヶ月におすすめの絵本は、ニコニコした顔がたくさん出てくる絵本

生後2ヶ月、生後3ヶ月におすすめの絵本は、赤ちゃん向けのボードブック絵本(紙が厚紙になっているので、ヨダレが落ちても破れない)がおすすめですね。

そしてこの時期の赤ちゃんは、ニコニコしている表情が大好きです。

アメリカ発のSASSYの絵本は、とてもカラフル。

そして、この絵本はニコニコの表情がたくさん出てきます。

ニコニコした絵をたくさん見ながら、お母さんの声が聞ける。赤ちゃんにはピッタリの本ですね🙌

(いま1歳8ヶ月になった子どもも、今でもこの絵本は好きです)

赤ちゃんは、口元や顔のパーツを見て、顔を認識していくので、可愛いスマイルがたくさん出てくる絵本はおすすめですね。

絵本を読み聞かせする体勢は、仰向けになって、本を上に持つ。

この時期の絵本の読み聞かせの体勢ですが、

首座りができてる子は、授乳クッションなどに赤ちゃんを座らせて読み聞かせもできるんですが、

私の赤ちゃんはまだ当時は首が座っていなかったので(生後4ヶ月20日目で首座りしました。)

赤ちゃんの隣に寝転んで、仰向けになり上に絵本を持つ体勢で読み聞かせすることが多かったです。

この時期の赤ちゃん、基本的に仰向けに寝転んでますもんね。

けど、絵本を上に持ち上げる必要があるので、結構、腕が疲れる😂😂

こんなかんじで、絵本の読み聞かせは1日2冊弱くらい。というのが生後2ヶ月、生後3ヶ月の我が家の様子でした🙌🙌

コメント