授乳クッションはいつまで使う?その後の使い道について

0歳ベビー用品

保育士のうたです。今回は授乳クッションはいつまで使う?ということと、その後の使い道を書いていきます。意外と長く使うんですよねぇ🍼

授乳クッションはいつまで使う?1歳7ヶ月もまだ使ってます。

出産準備として、赤ちゃんの育児に必須の授乳クッション。

授乳クッション、私はバースデイで1500円程度のものを出産前に購入してずっと使っています。

これです🙌

私は新生児期の生後8日目からミルクだけで赤ちゃんを育てていますが、母乳のときも、ミルクのときも授乳クッションを使いました。

そして、、、

1歳7ヶ月のいまも、授乳クッションを使って子どもを抱っこして、ミルクを飲ませています😂💦

うた
うた

授乳クッション、1歳7ヶ月のいまも現役ですー。笑

いや正直、息子は完全ミルク育児ですし、

お水はコップから余裕で毎日飲めているので、

ほんとうは、もうコップ飲みできるので、ミルクもコップ飲みしたら良いんですけど、、、

私の子ども、哺乳瓶じゃないとミルク飲まないんですよね。

授乳クッションで抱っこじゃないとミルク飲まないんですよね。だけど、1日1回はミルクが飲みたい1歳7ヶ月なのです🍼

うた
うた

1歳7ヶ月で授乳クッションでミルク飲んでるけど、可愛いからOKです😂❤️

ということで、授乳クッションはいつまで使う??というところは本当に家庭それぞれ。

母乳の人だと2歳くらいまで使うこともあるし、完全ミルク育児だと1歳から1歳3ヶ月で授乳クッションを卒業する赤ちゃんが多いです。

が、このように例外もあります。笑

スポンサーリンク

授乳クッションのその後の使い道。枕にする、クッションにする

授乳クッションのその後の使い道ですが、

私、2か月前くらいから、授乳クッションを私の枕にして寝る時あるんですよー🙌

この授乳クッションの斜めで丸っこい形、短時間ならともかく長時間は肩がこるので枕向き。。。とは言い難いんですが。

新生児からの赤ちゃんの香りがして、0歳だったときの子どもも思い出せて、なんだかとっても幸せなのです。

うた
うた

使い込んだ授乳クッションだからこそ、幸せな気分になれる枕です・・・!

ということで、授乳クッションの使い道としては、

枕にして目を閉じてみたり、クッションとして抱きしめてみることがおすすめですね。

ずーっと持っていたいクッションです🥺✨

クッションとして長く使うためにも、出産準備としての授乳クッションは丸洗いできるものがおすすめ

授乳クッションに、クッションや枕としてながーく使えるためにも、

赤ちゃんがミルクを飲まなくなっても、家族が育児の思い出として末永く家に置けるようにするためにも、

洗濯できる授乳クッションにするのがおすすめですね。

基本的に、洗濯出来る授乳クッションがほとんどですが🙌🙌

私の授乳クッションも、1500円のもので洗濯機にいれて丸洗いできます🙌🙌

洗濯できるものは多いですが、出産準備などで購入するときには、必ずチェックすることがおすすめですね🙌

コメント