妊娠中期・後期に腰が痛い。右だけ腰の激痛に、歩く時だけベルト使いました

妊娠中

保育士のうたです。私、妊娠中期・後期は右側の腰の激痛にめちゃくちゃ困ってました💦

立てないような電撃が走るような激痛も多々・・

今回は、そんな私の妊娠中と産後の腰のことを書いていきます。

妊娠中期・後期に腰が痛い。右側の腰だけ激痛。

妊娠中期のころから、なんとなーく腰全体が痛かったんですけど、

特に痛いのは腰の右側!!

場所はここでした。

手書きなので分かりにくいんですけど、

右のおしりの、中央から上らへんの腰・骨盤が、激痛になることが多々ありました。

腰の痛みは妊娠中期から、妊娠後期、臨月も当たり前のように続き、

赤ちゃんを産んだら、腰の痛みはだいぶマシになりました。

妊娠中は、寝転んでいても座っていても腰が痛いんですが、電撃が走るような激痛は立っているときが多かったです。

激痛になるのはいつもこの右側。

激痛に合わせてお腹が張る、とかはなく、胎動もあり、赤ちゃんは元気です。

スポンサーリンク

歩く時だけ、ベルトを使うとちょっと楽になりました。産後も使えるものがおすすめ

妊娠中の腰痛はよくあること。とも言うので、妊娠中のお腹のケアに合わせてベルトの購入を考えました。

けど、腰が痛いとはいえ、理学療法士の知人から、

骨盤ベルトは、1日中つけるのは良くないから、時間や場所を決めると良いよ。

と聞いていたので、

普段は悪阻で吐いていて基本的に動けないので(産むまで1日10回吐いていました💧)

病院に検診に行く時など、歩く時を中心に骨盤ベルトは使いました🙌

私が使ったものはこれです。結構人気というか、どこのベビー用品店にも置いてありますね。

私は腰が痛かったので、お腹より痛みのあるお尻にベルトがくるものが欲しくて、これは私が痛い右側の腰にちょうど当たるので購入🙌

恥部あたりから、お尻にかけてをカバーしてくれます。痛い右側の腰にガッツリフィット🙌🙌

これのおかげで、歩いている時の腰の激痛はかなり収まりました🙌🙌

あと、私は妊娠中は吐き続けていて、ベルトをつけるのは数少ない歩く時だけなので、

妊娠中専用のベルトはもったいなくて、産前産後使えるものを購入しています🙌

赤ちゃんを出産したら腰痛はマシになったことと、子宮が骨盤、後ろ側に近かったこと

腰の激痛にたえつつ、赤ちゃんは正産期をすぎた妊娠41週に帝王切開で出産しました🙌🙌

出産自体はトラブルなく、赤ちゃんもとっても元気に生まれたんですが、

どうやら、私の子宮は腰に近い位置にあったそうです。

どうりで、臨月の前駆陣痛も腰が痛いことが多かったんですよね💭💭

産後は腰のトラブルもなくなり、

お腹もかるくなったので、臨月はほんとうに呼吸するのも辛かったけど呼吸も楽になり、大丈夫です✌️✌️

現在では1際の息子も、元気そのもの笑

息子は散歩で1時間くらい外を歩き続けるので😂、妊娠中のベルトは産後も使えるものにしたので、また腰が痛くなったら使おうと思います🙌

コメント