赤ちゃんの逆さまつげが自然に治った時の画像。生後1ヶ月から逆さまつげ

生後1ヶ月

保育士のうたです。今回は、私の赤ちゃんが逆さまつげだったときと、治ったときの写真を載せつつ、逆さまつげエピソードを書いていきます。

逆さまつげの低月齢の赤ちゃんは割といるらしいですね👀

赤ちゃんが生後1ヶ月から逆さまつげ。生後2ヶ月のときの画像

保育士のうたです。私の赤ちゃんは生後1ヶ月のころから逆さまつげでした👀

生後1ヶ月の画像

生後1ヶ月のときは、こんなかんじで、やや逆さまつげというかんじで。

生後2ヶ月の画像

ちょっと画像で分かりにくいんですけど、生後2ヶ月になると目の下にも脂肪が付いてきて、目の下が腫れぼったくて逆さまつげが進んだんですね💦

私の赤ちゃんの場合は、

下まつげの目頭寄りの位置が逆さまつげで、まつげが目に入っていました💦

スポンサーリンク

生後2ヶ月のときは、まつげが目に入って目薬をした時期もあったこと

私の赤ちゃんですが、逆さまつげが目に入ったことで目が充血して、一時的に生後2ヶ月のときは目薬を小児科でもらって使っていました。

目薬をさすと良くなるのですが、原因が逆さまつげなので、根本的な治療がこの時期は【逆さまつげが自然に治ることを待つ】だったので、もどかしかったですね🥺

先生からは逆さまつげは自然に治ることが多いと聞いた事

生後2ヶ月から、逆さまつげのことを先生に相談していました。先生には、

逆さまつげは、赤ちゃんの目の下の脂肪が落ち着いてくると自然に治る子が多い。

と言っていたので、私の赤ちゃんもそれを待つことになりました。

そして、低月齢の赤ちゃんを中心に、割と逆さまつげの赤ちゃんは多いみたいです💦

たしかに私の知り合いの赤ちゃんも生後3ヶ月のときに逆さまつげで、その子もまつげから充血して目薬つかってましたね💦

生後8ヶ月で逆さまつげが気にならなくなった時期の画像。

私の赤ちゃんが逆さまつげが治った時期ですが、生後8ヶ月には逆さまつげがほぼ治っていて、気にならなくなりました🙌

生後8ヶ月の写真

まだまつげの長さが無いので、下まつげが下を向いているわけではないですが、目の中には入らなくなったんです👌

1歳の画像

1歳のいまの目はこんな感じです🙌

もう全然、逆さまつげではありません💮💮

そして、0歳の生後1ヶ月の頃と比べても、だいぶ顔つきが変わって目の下の脂肪もスッキリしました🙌🙌

結局、逆さまつげで目薬を使ったのも生後2ヶ月の1週間のみでした🙌🙌

コメント